モデル建物法による省エネ計算支援業務 省エネテクノサービス株式会社 千葉県船橋市

省エネテクノサービス株式会社は、モデル建物法による非住宅の省エネ計算支援業務に特化した会社です。

HOMEブログ一覧 ≫ 【情報提供】「エネルギー消費性能計算プログラム(非住宅... ≫

【情報提供】「エネルギー消費性能計算プログラム(非住宅版)Ver.3.0.0β版」が公開されました

羅針盤2

 

 

 

 

 ■「エネルギー消費性能計算プログラム(非住宅版)Ver. 3.0 .0 β 」が公開され
  ました。

(エネルギー消費性能計算プログラム(非住宅版)Ver. 3.0 .0 β 公開のお知らせ)
また、マニュアルも公開されています。

 

詳細は、以下URLの「2.更新履歴」(【建築物】R02.10.01)をご確認ください。

 

【国立研究開発法人 建築研究所ホームページ】 

 https://www.kenken.go.jp/becc/inde・x.html


                            令和02年10月1日
エネルギー消費性能計算プログラム(非住宅版)Ver. 3.0 .0 β 公開のお知らせ
 令和3年4月リリース予定の「 エネルギー消費性能計算プログラム(非住宅版)
Ver. 3.0.0 」のβ版を公開いたしました。 このプログラムによる計算結果を適合性
判定や届出に使用することは出来ません。また、正式版公開までの間、予告なしに
プログラムの変更を行う可能性がありますのでご注意ください。
 Ver.3系でも、従来の Ver.2 系の入力シート(Excelファイル)をそのまま使用
することが可能です。ただし、Ver.2系で認められていた外部プログラム(「 CA
SCADE III 」等)によるコージェネレーション設備の評価は Ver.3 系では認めら
れず使用できませんので、様式 7-2 に情報を記載しても計算には使用されません。

 令和2年10月1日時点におけるVer.2.9.1からの主な変更点は次に示すとおりで
す。正式版リリースまでに変更点は追加される可能性があります。
 1) 様式24、様式8について、同一方位に複数の窓がある場合の読み込み方法を
       変更(モデル建物法と統一)。
 2) 空気調和設備について、地中熱ヒートポンプ(オープンループ方式)の評価
       ロジックを追加。
 3) 空気調和設備について、蓄熱槽を有する熱源群を排熱利用冷熱源とした場合に
       エラーになる問題を修正。
 4) 空気調和設備について、蓄熱槽を有する熱源群に追掛用の熱源が入力されて
       いない場合はエラーとなるように変更(少なくとも放熱用の熱交換器は必ず
       入力する必要があります)。
 5) コージェネレーション設備の計算ロジックを変更(コージェネレーション設備
   が稼働する条件等を調整)。
 6) 計算と様式出力の際に進捗状況を表示する機能を追加。
 7) その他微調整。

 なお、現在公開している「エネルギー消費性能計算プログラム(非住宅版)
Ver.1.12.1」、「 エネルギー消費性能計算プログラム(非住宅版)Ver.2.9.1」
は令和3年9月30日をもって公開を停止する予定 です。詳しくは、 プログラムの
使用については国交省のホームページをご確認ください。
 ○ 各制度における計算支援プログラム等の扱い( R3年4月以降)
  https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/content/001364799.pdf
                                 以 上

【エネルギー消費性能計算プログラム(非住宅版)解説(2020年10月)】
 (Ver.3.0.0 β版) 

 https://www.kenken.go.jp/becc/documents/building/Manual/webprov3β_manual_20201001.pdf 

2020年10月01日 18:01

省エネテクノサービス株式会社 〒274-0077
千葉県船橋市
薬円台6-14-26-205
[TEL]
047-468-3801
[営業時間]
9:00~18:00
[定休日]
土・日・祝日

サイドメニュー

モバイルサイト

省エネテクノサービス株式会社スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら