モデル建物法による省エネ計算支援業務 省エネテクノサービス株式会社 千葉県船橋市

省エネテクノサービス株式会社は、モデル建物法による非住宅の省エネ計算支援業務に特化した会社です。

HOMEブログ一覧 ≫ 【情報提供】モデル建物法複数用途集計ツール(Ver. ... ≫

【情報提供】モデル建物法複数用途集計ツール(Ver. 2.9.1及びVer. 2.8.3)による評価結果に関するお知らせ

羅針盤2

 

 

 

 

国立研究開発法人 建築研究所より、「モデル建物法複数用途集計ツールについてのお知らせ」が案内されています。
 

詳細は、以下URLの「2.更新履歴」(【建築物】R02.09.18)をご確認ください。

 

【国立研究開発法人 建築研究所ホームページ】 

 https://www.kenken.go.jp/becc/inde・x.html


                             令和2年9月18日
モデル建物法複数用途集計ツール(Ver. 2.9.1及びVer. 2.8.3)による評価結果
に関するお知らせ


複数の建築物用途が混在する非住宅建築物のエネルギー消費性能をモデル建物法で
評価する場合には「モデル建物法複数用途集計ツール」により複数用途集計を行う
必要があります。この複数用途集計には次の二つの方法があります。

方法①:建物用途毎に入力シート(エクセルファイル)を作成し、これを「モデル
    建物法入力支援ツール」にアップロードして用途毎にXML ファイルを生成
    し、この複数のXMLファイルを「モデル建物法複数用途集計ツール」に
    アップロードする方法。
方法②:建物用途毎に入力シート(エクセルファイル)を作成し、この複数の入力
    シートを「モデル建物法複数用途集計ツール」にアップロードする方法。

方法①と方法②では、計算条件によってはプログラム内部の端数処理の違いにより、
計算結果(各BEIの値)が異なる場合があります。現在公開しているVer.2.9.1
(最新バージョン)、Ver.2.8.3(旧バージョン)においては、方法①と方法②の
いずれの方法も集計に使用していただけます。

なお、令和3年4月に公開予定のVer.3.0からは、端数処理の方法を揃え、どちらの
方法でも同様の結果が得られるように変更いたします。
                                  以 上

(参考)
 モデル建物法入力支援ツール(Ver.2.9.1)
        https://model.app.lowenergy.jp/Home/Index
 モデル建物法複数用途集計ツール(Ver.2.9.1)
        https://model.app.lowenergy.jp/MultipleUses
 モデル建物法入力支援ツール(Ver.2.8.3)
        https://model.prev.lowenergy.jp/Home/Index
 モデル建物法複数用途集計ツール(Ver.2.8.3)
        https://model.prev.lowenergy.jp/MultipleUses

2020年09月18日 18:00

省エネテクノサービス株式会社 〒274-0077
千葉県船橋市
薬円台6-14-26-205
[TEL]
047-468-3801
[営業時間]
9:00~18:00
[定休日]
土・日・祝日

サイドメニュー

モバイルサイト

省エネテクノサービス株式会社スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら